作ってみませんか?

 


千葉

アジのさんが焼き


材料(約4人分)

・アジ…4匹
・長ネギ…1/2本
・生姜…20g
・味噌…大さじ1~2
・大葉…8枚
・酒…少々 醤油…少々
・ゴマ油…適量

つくり方

❶ アジは3枚におろして骨と皮を取り、長ネギと生姜はみじん切りにする。
❷ まな板の上に①と味噌を乗せ包丁でよく叩いて混ぜる。
❸ ②に酒と醤油をまわし入れて軽く混ぜ平たく丸める。
❹③を大葉でくるみゴマ油で表面を焼けば出来上がり。

ポイント:なめろうをつくる際に充分に粘りが出るまで叩くと柔らかくフンワリと焼き上がります。
岐阜

五平餅


材料

・ご飯…600g (約2合)
【味噌だれ】
・味噌…大さじ2
・ねりごま…大さじ1
・砂糖…大さじ2
・醤油…大さじ1
・みりん…大さじ1

つくり方

❶ 炊き上がったご飯をすり鉢に移しすりこ木で少し粒が残る程度に潰す。
❷ 濡らした手で適量のご飯を取り楕円形になるように成型する。
❸ ②を皿に並べて20分ほど置き表面を乾燥させる。
❹③の表面に味噌だれを塗りオーブントースターで焦げ目がつくまで焼いて割り箸を差せば出来上がり。

ポイント:割り箸は焼いている間に焦げてしまうのでいったん割り箸を抜き焼き上げてから挿しこむとよいでしょう。
山口

岩国寿司


材料

・寿司飯…2合、
・穴子の蒲焼き…1/2尾、
・レンコン…6㎝、
・干ししいたけ…3枚、
・春菊…1/2把、
・錦糸玉子…卵2個分、
・桜でんぶ…適量
・【A】だし昆布(5㎝角)…1枚、
・酢…大さじ3、
・砂糖…小さじ2、
・塩…少々
・【B】干ししいたけの戻し汁、
・濃口醤油…大さじ1、砂糖…大さじ1

つくり方

❶ 穴子の蒲焼きは5㎜幅に切りレンコンは薄切りにして酢水に浸ける。春菊は軽く茹でて細かく刻む。干ししいたけはぬるま湯で戻して薄切りに。
❷ 鍋に【A】とレンコンを入れひと煮立ちさせて冷ます。【B】に干ししいたけを入れ煮汁が半量になるまで煮詰める。
❸ 寿司型にラップを巻き1/3量の寿司飯を入れて平らにし1/3量の具材をのせる。これを3回繰り返してラップをかけ重しをして寝かせる。

ポイント:押しが足りないと崩れやすく味もなじみません。半日ほど寝かせてからいただきましょう。
山梨

ほうとう


材料

・平打ちうどん…1玉
・カボチャ、大根、
・人参、長ネギ、
・お好みのキノコ類…適量
・昆布かつお出汁…300cc
・味噌…20g

つくり方

❶ カボチャはひと口大より少し大きめに切り大根と人参はいちょう切り。キノコ類は好みの大きさ長ネギは斜め切りにする。
❷ 出汁に長ネギ以外の材料を入れ沸騰したら平打ちうどんを入れて中火でカボチャがやわらかくなるまで煮る。
❸ カボチャがやわらかくなったら弱火にして斜め切りにした長ネギを入れる。
❹ 味噌を少しずつ加え箸でカボチャをつぶして味を調えれば出来上がり。

ポイント:甘みとコクを出すためにカボチャを少し潰すことが味つけの鍵です。
宮城

ずんだ餅


材料(4人分)

・枝豆…1把
・切り餅…8個
・水…適量
・砂糖…大さじ3
・塩…小さじ1/2

つくり方

❶ 枝豆をさやごとたっぷりのお湯で柔らかめに茹でる。
❷ さやから豆を出して薄皮も取りすり鉢で潰す。
❸ 砂糖と水を入れてさらに潰し塩を加えて味を調える。
❹ 餅を切ってお湯で柔らかくし③のあんをからめれば出来上がり。

長野

おやき


材料(2人分)

野沢菜の漬物…200ɡ
・酒&味噌…大さじ1
・砂糖…大さじ2
・中力粉…300ɡ
・ベーキングパウダー…小さじ1
・砂糖…小さじ1
・塩…少々
・サラダ油…大さじ1
・水…75cc

つくり方

❶ 塩抜きをした野沢菜を1㎝ほどに刻み油をひいたフライパンに入れ砂糖、酒、味噌を加えて汁気がほぼなくなるまで炒めます。
❷ ◎の材料をボウルに入れてよくこねます。
❸ ②の生地を4等分して丸め円形に平たく伸ばして①を包みます。
❹ フライパンで片面を弱火で3分ずつ焼いたら出来上がり。

ポイント:野菜を炒めて出た汁は旨味を含んでいるのでそのまま具に加えましょう。
徳島

でこまわし


材料(4人分)

・こんにゃく…1枚
・木綿豆腐…半丁
・【味噌だれ】
・味噌… 80
・砂糖…大さじ4
・酒…大さじ2
・水…大さじ2

つくり方

❶ 豆腐半丁を8つに切りこんにゃくは乱切りにする。
❷ こんにゃく、豆腐、いもの順で竹串に差し、串の柄を上にして鍋に入れ、20分ほど茹でる。
❸ フライパンに味噌だれの材料を入れて弱火で混ぜ、沸騰したら火を止める。
❹ 田楽の水気を取ってたれをつけオーブントースターに入れて全体的にこんがり焼けたら出来上がり。

ポイント:ごうしゅういもがなくても小ぶりのじゃがいもや里芋でもつくれます。
三重

カツオ茶漬け


材料(4人分)

・カツオの刺身…4人分
・すりゴマ…大さじ2
・醤油…適量
・刻み海苔…適量
・わさび…大さじ1
・ご飯・お茶…適量

つくり方

❶ カツオの刺身に醤油を加え30分ほど漬け込む。
❷ 丼に盛った温かいご飯の上に①のカツオを並べる。
❸ その上にすりゴマ、海苔、わさびをのせる。
❹ 熱いお茶を全体にかければ、出来上がり。

ポイント:お茶は沸騰したての熱いものを使いましょう。カツオの濃厚な旨みを引き出すことができます。
大阪

バッテラ


材料(4人分)

・しめサバ…2尾 ご飯…2・5合
・白板昆布…6g
【合わせ酢】
・酢…大さじ4強
・砂糖・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1.5

つくり方

❶ ご飯をボウルに移し合わせ酢を回しかけて混ぜながら冷ます。
❷ しめサバの皮をむき、背と腹身に分ける。
❸ 木枠の底に背を下にして腹身を乗せ酢飯を詰めて上板で押す。
❹ 木枠から抜き、酢で湿らせた白板昆布で包んで切り分ける。

ポイント:お茶は沸騰したての熱いものを使いましょう。カツオの濃厚な旨みを引き出すことができます。
愛媛

宇和島鯛めし


材料(2人分)

・真鯛刺身用冊…200g
・ご飯…適量 卵…2個
・だし汁…50㏄
・しょうゆ…大さじ2
・みりん…大さじ1
・酒…大さじ1
・薬味類…お好みで

つくり方

❶ 真鯛の冊をそぎ切りにする。
❷ だし汁、みりん、酒を小鍋でひと煮立ちさせ火を止めてしょうゆを加え冷ます。
❸ 卵を軽く溶いて②と混ぜ切った鯛を加える。
❹ 熱いご飯に③を盛り薬味を散らしていただきます。

ポイント:お茶は沸騰したての熱いものを使いましょう。カツオの濃厚な旨みを引き出すことができます。
東京

ねぎま鍋


材料(2人分)

・真鯛刺身用冊…200g
・ご飯…適量 卵…2個
・だし汁…50㏄
・しょうゆ…大さじ2
・みりん…大さじ1
・酒…大さじ1
・薬味類…お好みで

つくり方

❶ まぐろは1㎝幅に、長ねぎは長さ4㎝ほどに切る。
❷ 鍋にだし汁を入れて火にかけ、煮立ったらしょうゆ、みりん、酒を加える。
❸ 卵を軽く溶いて②と混ぜ切った鯛を加える。
❹ 熱いご飯に③を盛り薬味を散らしていただきます。

ポイント:お茶は沸騰したての熱いものを使いましょう。カツオの濃厚な旨みを引き出すことができます。
愛知

ゆべし


材料(6個分)

・ゆず…中6個
・味噌…200g
・砂糖…60g
・みりん…40g
・ごま…10g

つくり方

❶ ゆずの上部1/4を蓋になるように切り下部の中身をスプーンでくり抜く。
❷ 味噌、砂糖、みりん、ごまを混ぜ合わせ、①にぎっしり詰める。
❸ 切り取った蓋を乗せて蒸し器に並べ、弱火で40~50分蒸す。
❹ ザルに並べ、天日で10日ほど干す。
❺ 固くなったら網袋に入れ、雨の当たらない軒下につるして1ヶ月~数ヶ月干せば出来上がり。

ポイント:蒸す時に蓋が取れないように糸で十文字に縛っておきましょう。
徳島

いかにんじん


材料(4人分)

・にんじん…4本
・スルメ(胴体)…小1枚
・しょうゆ…100cc
・みりん&酒…各50  cc
・砂糖…大さじ2

つくり方

❶ 調味料を混ぜて沸騰させ、完全に冷ます。
❷ にんじんは皮をむいて千切りに。スルメは胴体の表面をあぶりキッチンバサミで細く切る。
❸ 冷めた漬け汁に②を入れ冷蔵庫に入れて1日以上漬け込めば出来上がり。

 ポイント :好みでゴマや鷹の爪を一緒に混ぜるのも○。冷蔵庫に2~3日入れておくと、味がさらになじみます。
福岡

がめ煮


材料(6人分)

・鶏もも肉……250g
・ごぼう……1本
・ニンジン……1/2本
・レンコン……1節
・しいたけ……5個
・里芋……5個
・黒コンニャク……1枚
・絹さや……5本
・サラダ油またはゴマ油……少々
・かつおだし……720cc
・酒……90cc
・みりん……90cc
・しょうゆ……90cc
・砂糖……60g

つくり方

❶ 鶏肉は2~3㎝角の大きさに切り下味として酒小さじ2しょうゆ小さじ1をからめておく。
❷ ごぼう、ニンジン、レンコンは皮をむいて乱切りにし水にさらす。里芋は皮をむいて乱切りにし塩でもみ洗いしてぬめりを取ってから水洗いする。黒コンニャクはスプーンでちぎり鍋に水と一緒に入れてひと煮たちさせ、アク抜きする。
❸ 鍋に湯を沸かして塩を加え絹さやを入れて軽く湯通ししてから氷で冷ます。
❹ 鍋にサラダ油またはゴマ油を入れて熱し鶏肉を炒める。続いて下準備した①②の野菜と黒コンニャクを硬いものから入れて炒める。
❺ かつおだしを入れ沸騰したら酒、砂糖を加え落し蓋をして10分くらい煮る。アクが出るのでまめにすくう。
❻ しょうゆ、みりんを加えて10分煮る。皿に盛り、絹さやは最後に上に飾ります。

ポイント:最初にすべての材料を炒めます。油分が減れば足してください。